車検

車検に出してから10日経つ。
5日前に電話が掛ってきた時に、カオサンはブレーキやらパッキンやらの取り替えを頼んだ。
でも、それ以後、一向に音沙汰が無かったので、こっちから電話したら、

電話の向こうでドタバタと・・・

「うちの車、14年も乗っとうし、もうゴミ箱に捨てられとうのんとちゃうかァ~」と、カオサン。

何度も新車に誘って見れども振り向きもせず、古い軽をまたもや持ってきて乗るんかいナ~と、
かわいそーな扱いを受けてるのかも。

動く限りまだまだ乗るヨ。


[PR]
# by kuribun | 2018-12-06 22:29 | 日常ドタバタ

年末大掃除

今日は年末大掃除。

今年は30分早めの8時30分開始。
役員さんたちは8時には始めていた。
予め、役員さんが草引きも剪定も前日までに終わらせていて、
わたしらすることないんとちゃう?状態。

お掃除ルックのカオサンがのんびり出て来た。
「えッ、9時からとちゃうの?」
することないので、奥様方と冗談を飛ばし合う。

ゆるゆると終わった。

いつもなら、村の池の掃除もやるカオサンだけど、
会長さんが、
「そんなん、よその池やん、町内会がやらなあかんようになったら困る。止めてくれ」と、
文句を言ったので出来なかった。
それまではカオサンが一人で、池に放り込まれていたタイヤやらゴミやらを引き上げてキレイにしていた。

去年はダンプのタイヤが放り込まれていて、とてもカオサン一人では上の道路に上げられなかったので、クリも一緒に頑張って引き上げたけれど・・・
誰一人手伝ってくれた人はいなかった。
みんな、横目に見て通り過ぎて行った。
それでも、
「あんなゴミが捨てられとうのが腹立つねん」と、カオサン。

さ~て、カオサンたちが次期の役員になったらどうなるのか。
きっと、まあ、やれる人だけがやれる範囲で・・・と、グダグダになりそー。
みんな歳やし、あちこち痛いし。
まあええやないかと・・・

[PR]
# by kuribun | 2018-12-02 16:46 | 日常ドタバタ

次期役員なのだ

次年度の町内会の役が回って来る。
今日は新旧役員の顔合わせだ。

帰って来たカオサンの顔が冴えない。
テーブルの上にドサリと置かれた資料。
なんと、役員の活動やら引き継ぎ事項やら、30ページもある。

会長さんは定年前カタイ仕事をやってたらしく、
町内会の仕事もきっちり、ぎっしり、くまなく丹念にやり遂げているらしい。知らんかったけど。
それを引き継ぐことになる次回の役員たち。
出来るのか?
きっと、えーッ?ひーッ!どないしたらええねんと、言ってる間に終わるんやネ。

[PR]
# by kuribun | 2018-12-01 22:52 | 日常ドタバタ

甘いささやき

流しをゴシゴシしていたら、カオサンが言った。
「そんなもん、4月にぬくなってからしたらええやん」

日頃ぼ~としてるクリがとちぱち動くと、
カオサンはなんか手伝わなアカンのやないかと気持ちが落ち着かなくなるらしい。

その言葉に乗ってしまいそう。
アカンアカン。
年末のエアポケットにハマりかけ。


[PR]
# by kuribun | 2018-11-30 21:34 | 日常ドタバタ

赤飯

カオサンは朝から子供なんちゃらキャンプの会議に出掛けた。
来年の町内会役員の準備もあるし、なかなか忙しい。

のんきなクリは、さ~てお昼ご飯は何か好きな物を食べよ~。
ブンブンはスパに決まってるから、自分一人のご飯なのだ。

この前、赤米ご飯をよそっていたら、カオサンが言った。
「アンタ、こんなんが好きなんか」
そーだった、カオサンは真っ白いご飯が好きだった。
「ご飯は何でも食べるデ」
というカオサンに甘えて、この頃は混ぜご飯の確率が増えた。
やっぱり、白いご飯の方がええんやネ。

今日はクリだけのご飯だ。
う~ん、究極の贅沢をしますか。
赤飯を炊いた。
後はすまし汁があれば良いネ。

b0123821_11435996.jpg















子供の頃の遠足には、母に頼んで赤飯を入れてもらった。
誕生日には必ず赤飯とゆで栗にサンマの尾頭付きだった。
それほど好き。

銀シャリ好きのカオサンだけど、
○○台の大根が豊作の予感や、どーすんねん!と食べ切れるかと心配しているので、
次は大根メシでゴザイマス。

[PR]
# by kuribun | 2018-11-22 12:04 | 日常ドタバタ

熟柿

今年はたくさん生った渋柿。

b0123821_22514050.jpg
















あちこちに貰ってもらったり、干し柿にしたり。
その中でも小さいものをそのまま家の中に吊して、熟柿になるのを待つ。
時々、カオサンが点検する。

b0123821_22491871.jpg



























これは枝が取れたので、このまま台所の隅で熟すのを楽しみに。
b0123821_22471240.jpg
でっかい柿なのだ。
時々、カオサンのチェックが入る。
「少しくらい渋が残っとってもええねん」
そう言うカオサンを、お待ちなせいとけん制しながら、しっかり熟すのを待つんヨ~。

[PR]
# by kuribun | 2018-11-17 23:35 | 日常ドタバタ

悲しい酒

晩ご飯の時間。
おかずを並べて、さあ食べヨ。

「あーッ、しまった!」
カオサンが叫んだ。
「焼酎のお湯割りしよ思ったのに・・・」
流しの上には日本酒の紙パックが乗っている。
日本酒を3倍のお湯割りにしてしまったカオサン。
「酒の味のしとうお湯・・・」
もったいないから、ともかく飲む。

酒大好き人間のカオサン。
なんとも締まりの無い夕餉となった。
明日を楽しみにしよう。

[PR]
# by kuribun | 2018-11-12 21:38 | 日常ドタバタ

めんどくさい男

いよいよ秋が深まった。
今焼き芋を焼いている。家中にいい匂いが満ちる。

先日、渋柿を収穫した。
カオサンがご近所さんに持って行くと言う。
無傷の柿やら、ちょっと傷ありやら、割れた柿やらに分けてから、
でっかいピカピカのものをレジ袋に詰めていると、
「ちょっと中ぐらいのもんを持って行く」カオサンが言う。
「えーーッ、差し上げる物は一番ええもんを」と、クリ。
「いや、それやったら気を遣わせてしまうから、真ん中ぐらいの傷がある方がええねん」
「そんな~・・・」
「オレが選ぶから置いとって」
言い張って聞かないので、濡れ縁に並べたまんまにした。
けれども、やっぱり、クリだってカオサンとの長年の付き合いだ。
難あり柿は大急ぎで押し入れに隠した。
カオサンは濡れ縁の上のええ柿と微かに傷あり柿がすべてと思って、いろいろ取り混ぜて持って行った。
手間が掛るネ。

毛糸の靴下を編んだ時。
「オレのもんは余り毛糸でええから」
「新しいええ毛糸があるんですヨ」
「いやオレのんは寄せ集めでええねん」
とことん我慢する男を貫きたいらしいカオサン。

ダンボール箱には新しい毛糸がどっさりある。
母から貰ったものやら、買っておいたものやら。

ええ、ええ、編みましたとも。
新しい糸をわざわざ途中で切って、いかにも寄せ集めのように編んだ靴下。
嬉しそうに履いているそれは、ぜーんぶ新しいんデス。

あー、めんどくさ。

[PR]
# by kuribun | 2018-11-11 22:36 | カオサン

芝居小屋 初体験

カオサンが嬉しそうに言った。
「あんな、芝居小屋が出来とうねん」
「え、どこに?」
「駅の南側の、前にエロ映画やっとったとこが芝居小屋になっとってん」
「へ~」
「観に行ってこうと思うねん」
「おひねり持って行かな。お弁当、中で買うんでしょ」
「いやいやいや、もし良かったら、帰りに飲んでこうかなあ?」
お楽しみあれと、カオサンに軍資金を渡した。

終わった頃に雨が降りだしたので寄らずに帰って来たけど、良かったらしい。

5、6万ぐらいかなあ、ご祝儀を扇の形にして襟元に付けとったデ。

10人ほどで踊りから裏方までぜんぶしてるし、

座長さんが、新しい踊りを練習しようと思ったらメニエルになってもて出来なかったとか、

アルバイトを募集してる、給料安いけどとか。

なかなか大変らしいけど、

最後に津軽三味線を聴いた。

観に行って良かった~!

[PR]
# by kuribun | 2018-10-26 23:01 | 日常ドタバタ

クマバチ

石段横のネズミモチが枯れて、カワラタケみたいなのが生えている。

b0123821_15541318.jpg
















しげしげ眺めて、
へーほーと、上の枝を掴んだらバキッと折れた。
中は空洞だったので、折れるわなあ~。

あれれ?
穴の中から、ぽろ、ぽろ、ぽろと・・・黒い毛玉が転がり出た。
やあ~~~、若いつやつやフワフワのクマバチが3匹も。
どうやらクマバチの巣だったみたい。

折れた枝の空洞を向けると、もそもそもそと中に入って行った。

というわけで、クマバチ入りの枝をソッと戻して、ギリギリ巻きにくくっておいた。
こめんねェ~。

丸い穴がクマバチの巣の入り口。

b0123821_15545292.jpg


[PR]
# by kuribun | 2018-10-25 16:13 | 日常ドタバタ